コンテンツにスキップ

Linuxコマンド集

[WYAM] WYAM-StakePool Akyoさんからご提供いただきました。ありがとうございます!

ノード停止

sudo systemctl stop cardano-node

エイリアス設定済みの場合

cnstop

ノード起動

sudo systemctl start cardano-node

エイリアス設定済みの場合

cnstart

ノード再起動

sudo systemctl reload-or-restart cardano-node

エイリアス設定済みの場合

cnrestart

サーバ再起動

補足 - ノード停止してから実施しましょう。

sudo reboot

プロセス確認

補足 - カルダノノードサービス

ps aux | grep cardano-node

ネットワーク確認

networkctl status -a

ネットワーク疎通確認

nc -vz <IP> <Port>

ブロックログ各サービス再起動

補足 - (cncli / leaderlog / validate / logmonitor)

sudo systemctl reload-or-restart cnode-cncli-sync.service

ブロックチェックサービス再起動

sudo systemctl reload-or-restart cnode-blockcheck.service

パラメータファイル更新

補足 - バックアップ及び更新、確認

cd $NODE_HOME
date=`date +\%Y\%m\%d`
mv params.json params-$date.json
cardano-cli query protocol-parameters \
    --mainnet \
    --out-file params.json
nano params.json

TraceMempoolをTrueからFalseにする

cd $NODE_HOME
sed -i ${NODE_CONFIG}-config.json \
    -e "s/TraceMempool\": true/TraceMempool\": false/g"
- ノード再起動し設定を反映する
sudo systemctl reload-or-restart cardano-node

TraceMempoolをFalseからTrueにする

cd $NODE_HOME
sed -i ${NODE_CONFIG}-config.json \
    -e "s/TraceMempool\": false/TraceMempool\": true/g"
- ノード再起動し設定を反映する
sudo systemctl reload-or-restart cardano-node

既存のスワップファイル削除

cd $HOME
sudo swapoff /swapfile
sudo rm /swapfile

スワップファイル作成

補足 - 8GBのスワップを設定するコマンド

sudo systemctl stop cardano-node
cd $HOME
sudo fallocate -l 8G /swapfile
sudo chmod 600 /swapfile
sudo mkswap /swapfile
sudo swapon /swapfile
sudo swapon --show
sudo cp /etc/fstab /etc/fstab.bak
echo '/swapfile none swap sw 0 0' | sudo tee -a /etc/fstab
echo 'vm.swappiness=10' | sudo tee -a /etc/sysctl.conf
echo 'vm.vfs_cache_pressure=50' | sudo tee -a /etc/sysctl.conf
cat /proc/sys/vm/vfs_cache_pressure
cat /proc/sys/vm/swappiness
sudo reboot

SSH接続

ssh -i /Users/ローカルユーザ名/ローカル格納先/id_rsa 接続先ユーザ名@接続先IP -p ポート番号