コンテンツにスキップ

SPO JAPAN GUILD TOOL

最終更新日:2023/08/14 v3.6.3

主な機能

  • payment.addr残高照会
  • 報酬引き出し
  • ブロック生成可能可否確認
  • envファイルアップデート切り替え
  • Catalyst有権者登録
  • SPO投票(簡易メッセージ添付可)

設定

スクリプトダウンロード

cd $NODE_HOME/scripts
wget https://raw.githubusercontent.com/btbf/spojapanguild/master/scripts/sjgtool.sh -O sjgtool.sh
chmod 755 sjgtool.sh

envファイル修正

そのまま全コピーして実行してください。

sed -i $NODE_HOME/scripts/env \
    -e '1,73s!#WALLET_PAY_ADDR_FILENAME="payment.addr"!WALLET_PAY_ADDR_FILENAME="payment.addr"!' \
    -e '1,73s!#WALLET_STAKE_ADDR_FILENAME="reward.addr"!WALLET_STAKE_ADDR_FILENAME="stake.addr"!' \
    -e '1,73s!#POOL_HOTKEY_VK_FILENAME="hot.vkey"!POOL_HOTKEY_VK_FILENAME="kes.vkey"!' \
    -e '1,73s!#POOL_HOTKEY_SK_FILENAME="hot.skey"!POOL_HOTKEY_SK_FILENAME="kes.skey"!' \
    -e '1,73s!#POOL_COLDKEY_VK_FILENAME="cold.vkey"!POOL_COLDKEY_VK_FILENAME="node.vkey"!' \
    -e '1,73s!#POOL_COLDKEY_SK_FILENAME="cold.skey"!POOL_COLDKEY_SK_FILENAME="node.skey"!' \
    -e '1,73s!#POOL_OPCERT_COUNTER_FILENAME="cold.counter"!POOL_OPCERT_COUNTER_FILENAME="node.counter"!' \
    -e '1,73s!#POOL_OPCERT_FILENAME="op.cert"!POOL_OPCERT_FILENAME="node.cert"!' \
    -e '1,73s!#POOL_VRF_SK_FILENAME="vrf.skey"!POOL_VRF_SK_FILENAME="vrf.skey"!'

~/cnode/scripts/envファイル内の以下の変数に対し、先頭の#を削除しご自身の環境に合わせてファイル名を設定してください。

WALLET_PAY_ADDR_FILENAME="payment.addr"
WALLET_STAKE_ADDR_FILENAME="stake.addr"
POOL_HOTKEY_VK_FILENAME="kes.vkey"
POOL_OPCERT_FILENAME="node.cert"
POOL_VRF_SK_FILENAME="vrf.skey"
POOL_OPCERT_COUNTER_FILENAME="node.counter"
POOL_OPCERT_FILENAME="node.cert
POOL_VRF_SK_FILENAME="vrf.skey

スクリプトへのパスを通し、任意の単語で起動出来るようにする

echo alias gtool="'cd $NODE_HOME/scripts; ./sjgtool.sh'" >> $HOME/.bashrc
source $HOME/.bashrc

TOOLを実行する

gtool

既知の不具合

  • [2] ブロック生成状態チェック

1.対象プール、プールIDがnullになる場合があります。
2.エポック切り替わり後、半日~1日までは有効ステークが0ADAになります。

上記の不具合は、チェーンデータ取得用APIの既知の不具合によるもので、現在修正依頼中です。 もしこの項目でNGが出た場合は、ディスコードでご質問ください。

また、その他バグを発見した場合はGithubでissueを提出してください。

更新履歴

3.6.3

* Catalyst有権者登録機能 payment.addrエラー修正

3.6.2

* Catalyst有権者登録機能 表示文言修正

3.6.0

* Catalyst有権者登録機能 実装
 payment.addrのADAをCatalyst Votingパワーに使用できます

3.5.1

* SPO投票機能
 cardano-cli 8.0.0-untested使用時、Txが作成されない不具合を解消

3.5.0

* SPO投票機能実装
    簡易メッセージ添付可能

3.4.6

* ブロック生成状態チェック
    * メタデータハッシュチェック追加
    * PeerInカウントから127.0.0.1を除外
* PreviewネットワークTx確認リンクをCardanoScanへ変更

3.4.4

* Preview / PreProd テストネット対応(envファイル更新必須)
* ブロック生成チェック総合判定導入

3.4.3

* 軽微な修正

3.4.2

* 364特別対応削除
* envファイルアップデートチェックフラグ切替機能追加
* トランザクション送信後、トランザクション確認URLを表示

3.3.1

* 364エポック特別対応 cncli.shパッチ適用追加

3.3.0

* 報酬/資金出金 任意アドレス出金ADA Handleに対応

3.2.1

* エアギャップコマンドを修正

3.2.0

* KES更新時のカウンターファイルチェック・作成手順追加
* ブロック生成状態チェック KESファイルチェックルール変更

3.1.0

* KES更新時のnode.certバックアップ/削除追加

3.0.0

  • KES更新機能追加

このアップデートに伴い、envファイルの修正が必要となります。 v2.x.x以上をすでにインストールされていて、プールのKES秘密鍵のファイル名がkes.skeyの場合は以下のコードを1回だけ実行してください。 違うファイル名をご利用の場合は任意に書き換えてください。

sed -i $NODE_HOME/scripts/env \
-e '1,73s!#POOL_HOTKEY_SK_FILENAME="hot.skey"!POOL_HOTKEY_SK_FILENAME="kes.skey"!'

2.1.0

  • DdzFアドレスへの報酬/資金出金を許可
  • payment.addr出金時、出金額表示単位バグを修正