コンテンツにスキップ

7.ステークプールの登録

概要

こちらの手順は初回プール登録時のみ有効です。
プール登録後にメタ情報、誓約、固定費、変動費、リレー情報を変更する場合は、プール情報(pool.cert)の更新の変更手順を実施してください。

プール登録料

ステークプール登録には500ADAの登録料が必要です。payment.addrに入金されている必要があります。

1.メタデータの作成

ホームページを持っていない場合

「jsonファイルをGithubでホストする方法」を実施してください

1.Githubアカウントを作成しログインします https://github.com/

2.右上の+マークをクリックしnew repository をクリックします。

3.Repository nameに任意のリポジトリ名を入力し、Create repositoryをクリックします。

4.小さい文字で書かれた"creating a new file"をクリックします。

5.ファイル名を poolMetaData.json として入力し json コンテンツを貼り付けます。

作成時の注意

  • 下記は参考フォーマットとなります。ご自身のプール名、Ticker名に書き換えてください
  • まだhomepageアドレスが無い場合は、ご自身のTwitterアドレスでも大丈夫です。
  • ticker名の長さは3~5文字以内で、A-Zと0-9のみで構成する必要があります。
  • descriptionの長さは255文字以内(255byte)となります。(ひらがな、漢字、カタカナは1文字2byte)

{
"name": "MyPoolName",
"description": "My pool description",
"ticker": "MPN",
"homepage": "https://myadapoolnamerocks.com"
}
6.Commit new fileをクリックします。

7.作成したファイルの名前をクリックします。

8.Rawボタンをクリックします。

9.「https://raw」から始まるURLをコピーします。

例: https://raw.githubusercontent.com/coincashew/test/master/poolMetaData.json

10.URLは64文字より短くする必要があります。 https://bitly.com/ またはhttps://tinyurl.com/を使用してURLを短縮します。

11.9でコピーしたURLを貼り付けます。

12.短縮されたURLをpool.cert作成時--metadata-url に記述します。

例:
--metadata-url https://bit.ly/****

13.ブロックプロデューサーノードでjsonファイルをダウンロードし、ハッシュ値を計算する。

ヒント

下記のURLを12で作成した短縮URLに置き換えてから実行してください

cd $NODE_HOME
wget -O poolMetaData.json https://bit.ly/****

下記は参考フォーマットとなります。ご自身のプール名、Ticker名に書き換えてください

作成ルール

ticker名の長さは3~5文字にする必要があります。文字はA-Zと0-9のみで構成する必要があります。
descriptionの長さは255文字以内(255byte)となります。(ひらがな、漢字、カタカナは1文字2byte)

メタデータファイルを作成する。

cd $NODE_HOME
cat > poolMetaData.json << EOF
{
"name": "MyPoolName",
"description": "My pool description",
"ticker": "MPN",
"homepage": "https://myadapoolnamerocks.com"
}
EOF

注意

poolMetaData.jsonをあなたの公開用WEBサーバへアップロードしてください。

メタデータJSONをチェックする

cat $NODE_HOME/poolMetaData.json | jq .

戻り値にエラーが表示される場合

戻り価にparse error:が表示される場合は、JSON構文に誤りがあります。 作成したメタデータJSONファイルをご確認ください。

メタデータファイルのハッシュ値を計算します。

cd $NODE_HOME
cardano-cli stake-pool metadata-hash --pool-metadata-file poolMetaData.json > poolMetaDataHash.txt

2.プール登録証明書の作成

ファイル転送

BPにあるvrf.vkeypoolMetaDataHash.txt をエアギャップオフラインマシンのcnodeディレクトリにコピーします。

graph LR
    A[BP] -->| vrf.vkey / poolMetaDataHash.txt | B[エアギャップ];

BPとエアギャップでvrf.vkeyファイルハッシュを比較する

cd $NODE_HOME
sha256sum vrf.vkey

BPとエアギャップで表示された戻り値を比較して、ハッシュ値が一致していればOK

cd $NODE_HOME
sha256sum vrf.vkey

最小プールコスト(固定費)を出力します。

minPoolCost=$(cat $NODE_HOME/params.json | jq -r .minPoolCost)
echo minPoolCost: ${minPoolCost}

minPoolCost(固定費)は 340000000 lovelace (340 ADA)です。

pool.certを作成する

pool.cert作成時の注意点▼

pool.certはプール登録証明書の役割を果たし、プール情報を記載します。
上記のスクリプトは例です。ご自身のプール運用設定値に変更してください。
誓約 100ADA  (--pool-pledge)

固定手数料 340ADA (--pool-cost)
変動手数料5% (--pool-margin)

誓約(Pledge)について▼

自分のプールに保証金を預けることをPledge(誓約)と呼びます

  • 支払い用アドレス(payment.addr)の残高はPledge額よりも大きい必要があります。
  • 誓約金はpayment.addrに入金されている必要があります。
  • 設定した誓約数よりpayment.addrに入金されてるADAが下回っている場合、プール報酬が0になります。
  • 誓約金はロックされません。いつでも自由に取り出せますがプール登録証明書を再提出する必要があります。
リレーの記述について▼

上記のpool.cert作成時、自身のリレー情報を以下の3パターンの記述方法があります。

複数のリレーノードを構成する記述方法

IPアドレス方式: 1ノード1IPアドレスの場合(分からない場合はこちら)
[xxx.xxx.xxx]をリレーノードのパブリックIP(静的)アドレスへ書き換え

    --pool-relay-ipv4 xxx.xxx.xxx \
    --pool-relay-port 6000 \
    --pool-relay-ipv4 xxx.xxx.xxx \
    --pool-relay-port 6000 \

DNS方式:1つのエントリーの場合
[relay1.yourdomain.com]をあなたのドメイン名に書き換え

    --single-host-pool-relay relay1.yourdomain.com \
    --pool-relay-port 6000 \
    --single-host-pool-relay relay2.yourdomain.com \
    --pool-relay-port 6000 \

ラウンドロビンDNSベース SRV DNS recordの場合
[relay.yourdomain.com]をあなたのドメイン名に書き換え

    --multi-host-pool-relay relay.yourdomain.com \
    --pool-relay-port 6000 \

cd $NODE_HOME
cardano-cli stake-pool registration-certificate \
    --cold-verification-key-file $HOME/cold-keys/node.vkey \
    --vrf-verification-key-file vrf.vkey \
    --pool-pledge 100000000 \
    --pool-cost 340000000 \
    --pool-margin 0.05 \
    --pool-reward-account-verification-key-file stake.vkey \
    --pool-owner-stake-verification-key-file stake.vkey \
    $NODE_NETWORK \
    --pool-relay-ipv4 ***.***.***.*** \
    --pool-relay-port 6000 \
    --metadata-url https://bit.ly/**** \
    --metadata-hash $(cat poolMetaDataHash.txt) \
    --out-file pool.cert

自身のステークプールに委任する証明書(deleg.cert)を作成します

cardano-cli stake-address delegation-certificate \
    --stake-verification-key-file stake.vkey \
    --cold-verification-key-file $HOME/cold-keys/node.vkey \
    --out-file deleg.cert

ファイル転送

エアギャップマシンのpool.certdeleg.certをBPのcnodeディレクトリにコピーします。

graph LR
    A[エアギャップ] -->|pool.cert / deleg.cert| B[BP];

3.プール登録トランザクションの送信

最新のスロット番号を取得する必要があります

cd $NODE_HOME
currentSlot=$(cardano-cli query tip $NODE_NETWORK | jq -r '.slot')
echo Current Slot: $currentSlot

payment.addrの残高を出力します

cardano-cli query utxo \
    --address $(cat payment.addr) \
    $NODE_NETWORK > fullUtxo.out

tail -n +3 fullUtxo.out | sort -k3 -nr > balance.out

cat balance.out

UTXOを算出します

tx_in=""
total_balance=0
while read -r utxo; do
    in_addr=$(awk '{ print $1 }' <<< "${utxo}")
    idx=$(awk '{ print $2 }' <<< "${utxo}")
    utxo_balance=$(awk '{ print $3 }' <<< "${utxo}")
    total_balance=$((${total_balance}+${utxo_balance}))
    echo TxHash: ${in_addr}#${idx}
    echo ADA: ${utxo_balance}
    tx_in="${tx_in} --tx-in ${in_addr}#${idx}"
done < balance.out
txcnt=$(cat balance.out | wc -l)
echo Total ADA balance: ${total_balance}
echo Number of UTXOs: ${txcnt}

poolDepositを出力します

poolDeposit=$(cat $NODE_HOME/params.json | jq -r '.stakePoolDeposit')
echo poolDeposit: $poolDeposit

トランザクション仮ファイルを作成します

cardano-cli transaction build-raw \
    ${tx_in} \
    --tx-out $(cat payment.addr)+$(( ${total_balance} - ${poolDeposit}))  \
    --invalid-hereafter $(( ${currentSlot} + 10000)) \
    --fee 0 \
    --certificate-file pool.cert \
    --certificate-file deleg.cert \
    --out-file tx.tmp

最低手数料を計算します

fee=$(cardano-cli transaction calculate-min-fee \
    --tx-body-file tx.tmp \
    --tx-in-count ${txcnt} \
    --tx-out-count 1 \
    $NODE_NETWORK \
    --witness-count 3 \
    --byron-witness-count 0 \
    --protocol-params-file params.json | awk '{ print $1 }')
echo fee: $fee

計算結果を出力します

txOut=$((${total_balance}-${poolDeposit}-${fee}))
echo txOut: ${txOut}

トランザクションファイルを作成します

cardano-cli transaction build-raw \
    ${tx_in} \
    --tx-out $(cat payment.addr)+${txOut} \
    --invalid-hereafter $(( ${currentSlot} + 10000)) \
    --fee ${fee} \
    --certificate-file pool.cert \
    --certificate-file deleg.cert \
    --out-file tx.raw

ファイル転送

BPのtx.rawをエアギャップオフラインマシンのcnodeディレクトリにコピーします。

graph LR
    A[BP] -->|tx.raw| B[エアギャップ];

トランザクションに署名します

cd $NODE_HOME
cardano-cli transaction sign \
    --tx-body-file tx.raw \
    --signing-key-file payment.skey \
    --signing-key-file $HOME/cold-keys/node.skey \
    --signing-key-file stake.skey \
    $NODE_NETWORK \
    --out-file tx.signed

ファイル転送

エアギャップマシンのtx.signedをBPのcnodeディレクトリにコピーします。

graph LR
    A[エアギャップ] -->|tx.signed| B[BP];

トランザクションを送信します

cardano-cli transaction submit \
    --tx-file tx.signed \
    $NODE_NETWORK

Transacsion Successfully submittedと表示されれば成功

4. プール登録確認

ステークプールIDは以下のように出力できます

chmod u+rwx $HOME/cold-keys
cardano-cli stake-pool id --cold-verification-key-file $HOME/cold-keys/node.vkey --output-format bech32 > stakepoolid_bech32.txt
cardano-cli stake-pool id --cold-verification-key-file $HOME/cold-keys/node.vkey --output-format hex > stakepoolid_hex.txt
chmod a-rwx $HOME/cold-keys

ファイル転送

エアギャップマシンのstakepoolid_bech32.txtstakepoolid_hex.txtをBPのcnodeディレクトリにコピーします。

graph LR
    A[エアギャップ] -->|stakepoolid_bech32.txt / stakepoolid_hex.txt| B[BP];

以下のコマンドを実行し、プール情報が表示されればブロックチェーンに登録されています

curl -s -X POST "https://api.koios.rest/api/v0/pool_info" \
    -H "Accept: application/json" \
    -H "Content-Type: application/json" \
    -d '{"_pool_bech32_ids":["'$(cat $NODE_HOME/stakepoolid_bech32.txt)'"]}' | jq .

自分のステークプールがCardanoscanに登録されているか確認します

cd $NODE_HOME
cat stakepoolid_bech32.txt

表示されたPoolIDであなたのステークプールがブロックチェーンに登録されているか、次のサイトで確認することが出来ます。
Cardanoscan

🎊SPOデビューおめでとうございます🎊

上記サイトであなたのプールティッカーが表示されたらブロックチェーンに登録されました!しかしまだブロック生成できる状態ではありません。この後も重要な作業が続きますがあと一息頑張ってください!